母乳育児 ハーブティー

ハーブティーの出がら活用(癒し系)

ハーブティーの出がらは、前述したように色々な活用法があります。
今回は、癒しをテーマにしたハーブの活用法をお伝えします。

 

 

■入浴剤として使用
昔、バラの花びらが散ったお風呂に憧れた人は多いのではないでしょうか?
そのように、香りが残ったハーブティーの出がらしは入浴剤にも使えます。

 

オススメのハーブは、ラベンダーやカモミール、スペアミントなどで、
はっきりした香りがあるものががオススメです。
消臭剤の時とは異なり、乾燥させる必要はありません。

 

そのままガーゼやコットンの袋、もしくはお茶パックなどにたっぷり入れて、
バスタブに入れるとよいでしょう。
入浴剤として利用すると、ハーブによってその効果が違ってきます。

 

血行促進効果や、リラックス効果、リフレッシュ効果など、
いろんな効果が期待できますし、いろんな色のお風呂になるので面白いです。
ルイボスティーに使われるルイボスは、アトピー肌にも効果ありです。

 

 

■洗顔に使用
入浴に使えるのですから、当然洗顔にも使用することができます。
入浴剤にも使えるルイボスやラベンダー、ローズヒップ、などは、
ニキビにも効果があるといわれていて、お湯に入れて洗顔として使うのもマル。
アトピーにはルイボスが良いですし、お肌の状態を見てハーブも選択しましょう。

 

 

飲んで満足、飲み終わっても癒しまで与えてくれるハーブは、
生活の一部に取り入れていきたいですね。