母乳育児 ハーブティー

おもてなしにハーブティーはいかが?

自宅に友人を招いたり、来客時に出す飲み物。
コーヒーにしようか、紅茶?それとも緑茶がいいかな…。
色々と悩んだ経験ありませんか?

 

毎回同じものを出すというものなんとなく味気ないものですよね。
あれこれ何にするか悩んだ挙句、結局いつもと同じ定番のものに
なってしまうものです。

 

そういう時には、ハーブティーというのはどうでしょう?

 

なんだかちょっとオシャレ感もあり、健康面にも効果があったり、
なによりも香りが楽しめますよね。

 

ハーブティーといってもたくさんの種類があります。
これもまた、どんなものが良いかと悩んでしまいそうです。

 

ハーブティーの中でもこれはおススメというものを
いくつか紹介したいと思います。

 

 

ハイビスカスティ

ハイビスカスというと、南国の華やかな花を想像しますよね。
実はハーブティの場合は、ハイビスカスの花ではなくて、
食用品種として使われる「ローゼル」という花のガクなんです。

 

ローゼルは、クエン酸が豊富で酸味が結構強いです。
あまりにも酸味が強すぎると感じたら、蜂蜜などで甘みを出すと良いですね。

 

ハイビスカスティーはとても鮮やかな赤い色で、
赤ワインの薄い色、赤シソジュースのようなきれいな色です。

 

ホットでもアイスでも良いですが、ガラスのグラスに注いでそのきれいな
色彩を楽しむのもステキですね。

 

ちなみにローゼルは他の種類のハーブとブレンドされることも多々あり、
ローズヒップとのブレンドは、お互いの相乗効果がとても期待されるのだそう。

 

 

マローブラック・マローブルー

マローブラック・マローブルーは、あおい科の花です。

 

シソのような香りが印象的なハーブですが、味は
あまり感じないのが特徴です。

 

マローブラックは、お湯を注ぐと色がネイビーになり、マローブルーは薄い青色になります。
これはマローブラックやマローブルーにタンニン、アントシアニジンという
成分が含まれているためです。

 

また、レモン汁を入れるととてもきれいなピンクに色を変えます。
ちょっとビックリですね。

 

最初はそのまま、途中でレモン汁を加えてマジックのような楽しみ方も出来ます。
カルピスに混ぜて変化して色を楽しむというのも良いかもしれません。

 

鮮やかな色合いなので、カクテルなどでも利用されているようです。

 

 

マリーゴールド

ハーブティーも、マリーゴールドという名前がピッタリな黄金色でとてもキレイです。
少しゴージャスな気分も味わえる、おもてなしに良く似合うハーブティーです。

 

リンパの流れを促進してくれたり、胃の炎症を抑えてくれたりする効果があります。
胃炎、胃潰瘍、疲労回復やデトックスにはおススメです。

 

ただ、マリーゴールドはキク科の植物です。
アレルギーなどのある方には注意が必要です。

 

お出しする場合には前もってアレルギーなどの確認をすることを忘れずに。
他にも、妊娠中の方は避けた方がよいとされているハーブなので、
その点にも注意しましょう。

 

 

 

ハーブティーと聞くと、イエロー、グリーンという色を想像する人が多いかと思います。
今回はそんなハーブティのイメージとは、少し違ったものをご紹介させていただきました。

 

健康や美容に効果があることや、様々な香りが楽しめるハーブティー。
アイスやホット、どちらでも楽しめるので、色々な種類のものを試して、
自分好みのものを探してみるのも楽しいです。
来客への準備も楽しくすすめられるかもしれませんね。